高圧電気設備

高圧電気設備の工事

■電気設備を6600vで受電する設備で電気設備工作物が50kw以上の設備容量に対して受電でまーきる設備
■自家用電気設備とも言うが,同一敷地内の電気設備に対しては別引込ができない。

■保守点検が必要で主任技術者が必要

一般的な高圧受電のしくみとは !

■電気設備はキュービクル(屋外変電設備)により配電される

■配線図系統(例)参照

■トランス油や高圧気中開閉器の劣化により交換が必要な場合もある
設備増設によりトランスの入れ替えが必要な事がございます。

(例)トランスの増設・減設の場合/単なるトランス交換だけではすまない,関連する配線や機器の交換必要

  • ●トランスに合った電流計の交換
    ●電線の交換/トランスの1次側-2時側
    ●計器用変流器(CT)の交換
    ●PC/高圧カットアウト内のヒューズの交換
    ●もちろん!図面申請
    ●ブレーカーの交換
    ●アース線の交換
    ●トランスの台レール(アンカー)位置変え
    ●保守管理会社に連絡
    ●耐圧試験

増設や改修で使用する機器類

■屋外に設置する密閉形の一般的に普及しているタイプ

■高圧気中開閉器/電柱に取付し、方向性,LA(アレスター付)自社からの高圧の波及事故を防ぐ事ができる
■15年から25年使用すると交換が必要になる場合がある

■高圧受電から低圧へ変電する役目の変圧器
■電灯・動力の電気の種類に応じて設置する
■接地工事がA種(10オーム以下・B種接地(東電より値指示)が必要になる

■力率改善や高周波の抑制等で使用するコンデンサーやリアクトルは今は設置が義務化になってきています。
■アレスター(避雷器)の設置も多くなっています。

■電流計は300/5Aなど電流比を会わせて設置するしくみである

■負荷の開閉に使用する 限流ヒュースと組み合わせて使う

 

※ご連絡お待ちしています。