仮設工事の紹介

仮設工事のご案内

  1. ●現在では工事現場等,改築におては単独で仮設電気を引いて工事をする事が多く,お客様より工事の為の電気をお借りして作業する事が少なくなっています。
  2. それは工事作業において、お客様の電気設備を工事作業により電気ブレーカーを落としてしまったり、お客様の設備自体を故障にしたりしない為に単独で仮設電気を引きこむ設備を設けています。
  3. 仮設工事は電気料金は通常の電気料金より若干高くなっており、1カ月以上使用する事が原則(電力会社)となっている場合が多いと思われます。
  4.  仮設電気の種類  
  5. ■ブレーカー1回路-/1kw契約…小規模の場合
    15A~20Aの電流で落ちてしまいますが,改築工事でもよく使われます。
  6. ■ブレーカー2回路/2KW契約…住宅の新築等に多い
  7. 電動工具の同時使用、コンプレッサーの同時使用でもかろうじて使える電気方式
  8. ■ブレーカー4回路/4KW契約…大規模住宅,工期が長い現場、小規模店舗などの仮設電気使用に適している/電力計取付必要(3カ月以上)比較的に電気を使う場合は高く付くが,普通に電気を使う程度ならば電気料金が安い場合がある。
  9.  仮設2回路 
  10.  仮設4回路 
  1.  現場数か所の仮設工事 
  1.  動力仮設電気工事 

 

※ご連絡お待ちしています。