電気自動車コンセント配線

電気自動車コンセント配線(現状)

電気自動車の普及によりご家庭にも200vコンセントが取付られるようになりましたが,まだまだ普及していないのが現状です。
改築においても、新築においても、電気コンセントは取付の計画は少ないです。

(推薦充電器…)

■[EV・PHEV充電用] 充電器/屋外用-Mode3タイプ(充電ケーブル搭載)/200V-30A

壁面取付・専用スタンド(オプション)
ELSEEV hekia S Mode3(エルシーヴ ヘキア エス モードスリー)【Speedy】充電スピードが従来の約2倍
6kW充電を行うことで、短時間での充電が可能となります。
(6kW充電対応車種充電時)6kW充電に関するご注意
※6kW充電するためには、車両側が6kW充電に対応している必要があります。
実際の充電容量・時間は自動車の仕様・制御によって変わります。

■[EV・PHEV充電用] 屋外コンセント/200V-20A
特長・操作性
充電ケーブルのプラグ※接続がしやすくなりました。
抜け止め・引掛タイプのように回転させなくても、挿入するだけでロックできます。

●片手だけでもプラグの抜き差しができるよう配慮しております。
※注)専用の[EV・PHEV充電用]電源プラグ以外のプラグを使用する場合ロック機能は働きません。※毎日のご使用を考慮し、90~120cmの高さに設置することをおすすめします。
注)電源プラグはしっかりと奥まで差し込んでロックをしてください。
差し込み不十分な場合、焼損や火災の原因となります。

工事内容・設置工事費

「確認事項として」
既設引込み幹線が単相三線式であるか
幹線配線の容量が足りるか
分電盤にヨビ回路のブレーカーがあるか
設置容量により配線する線の種類が違います。
既設設置の場合は露出配線になる場合がございます
以上が不明の為、現場確認が必要になる場合がございます。

「壁屋外コンセントの場合」…参考工事価格
専用配線20M以内
分電盤にヨビ回路取付,ブレーカー収納箱取付
壁貫通1か所
アース工事、配管保護
参考工事費/60.000円
※詳しくは見積りをお願いします。